« サステイナブルな本 -Part1- | トップページ | 日本のエネルギーはサステイナブルか? »

2005年5月31日 (火)

環境のつく言葉

最近、環境のつく言葉がずいぶん増えました。従来から行われていた経済活動や社会活動に対して「環境」という新しい見方や手法を加えることにより、環境へ配慮した企業活動などが実現し、結果的にサステイナブル(持続可能)な社会をつくる方向になれば素晴らしいことだと思います。

[環境プランナー] 環境と経営に関するプランニングを実施するコンサルタント

[環境コミュニケーション] 組織の環境関連の活動について利害関係者(ステークホルダー)とコミュニケーションすること。

[環境報告書] 企業活動の環境側面を中心にした利害関係者への報告書

[環境会計] 企業活動の環境側面を取り入れた会計。外部報告用のものと内部管理用のものがある。

[環境経営] 環境の視点を取り入れた企業経営。環境マネジメントや環境マーケティングなどを含む。

[環境マーケティング] 環境の視点を取り入れた企業などのマーケティング。最近はCSR(Corporate Social Responbility)も重要。

[環境マネジメント] 企業活動の中の環境側面について管理の仕組み。ISO14001のEMSとして審査を受けて認証を受けることができる。

[環境アセスメント] 環境に影響を与える恐れのある設備の建設などの際にあらかじめ実施する評価活動

[環境経済学] 従来の経済学に環境の視点を加えたもの。環境税などを含む。

[環境ブランディング] 環境的な側面からブランド活動を行う。最近はCSRが重要。

[環境リスク] 環境中の微量な有害成分など環境面の様々なリスク。毒性と暴露の積。

さらに最近はこの「環境」という言葉が「サステイナブル(持続可能)」というより広い概念の言葉に置き換わってきているようです。例えば、「環境経営学会」という学会の英語名は"Sustainable Management Forum of Japan"となっています。「環境」という言葉はどちらかというと受身の感じがしますが、「サステイナブル(持続可能)」は人類が自ら対応をしなければ実現しないという意味で能動的な感じがします。日本ではまだまだ知名度が低い「サステイナブル(Sustainable)」という言葉ですが、欧米では"Environmental"よりも"Sustainable"の方が一般的になりつつあるのかもしれません。そのうち日本でもこれらの「環境のつく言葉」が全て「サステイナブルのつく言葉」になっているかも...

11:29 午後 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/4360247

この記事へのトラックバック一覧です: 環境のつく言葉:

コメント

はじめまして
今、身近な持続可能な商品をレジ袋から提案したく書き込みます。
バイオマス・ニッポンは農林水産省ほか5省庁が係わっています。
とはいっても現在は各省庁が勝手に動いているかも?
なぜなら、レジ袋をバイオパスニッポンの組み入れれば持続可能なバイオマスレジ袋になります。
バイオマスレジ袋はPLA(ポリ乳酸)だけではありませんしポリ乳酸では不可能な部分があります。
バイオマスニッポンとは別に関東の地方自体ではバイオマスプラスチックで出来た生ゴミ袋(レジ袋)で
生ゴミと一緒にコンポスト化の実証試験をしていてかなりの成果を上げています。
持続可能なレジ袋とは、
植物(ゴミ)のポリマーから取ったポリマーでバイオマスレジ袋を作りその袋を生ゴミ袋として使い
生ゴミとバイオマスレジ袋を一緒にコンポストして植物を育てる土として・・・・
持続可能なバイオマスレジ袋では!
生産エネルギーはバイオエネルギーを使用すればCO2の排出は限りなくゼロになる。
こんな話し実現できないと思いますか?
可能ですよね!

投稿: biop | 2005/07/18 15:04:01

コメントを書く