« サステイナブルな森林 | トップページ | サステイナブルな生活とは? »

2005年6月17日 (金)

サステイナブルな音楽 -バッハその3-

バッハのサステイナブル(持続可能)な側面についての「その3」になります。バッハの活躍した国といえばドイツですが、その昔は「東ドイツ」と言われた地域になります。これほど時を越えてグローバルに演奏され、聴かれるバッハの音楽ですが、バッハ自身はこの旧東ドイツの限られた地域で生涯を過ごしました。

バッハ生誕の地アイゼナッハは、森林地帯に囲まれた緑ゆたかな町だそうです。もちろん私自身は行ったことはありませんが、旧東ドイツ地域は西側に比べると工業化されていない面も多いのでは推測されます。この地を「バッハ巡礼」の最初の地とするケースも多いということで、ここから順番に東に移動して最後のライプチッヒにたどり着くのがお決まりのコースのようです。

バッハの住んだ地名、年代と職業は以下のとおりです(「バッハ名曲・名盤を聴く」参照)。

  • アイゼナッハ:1685-1695 (生誕の地)
  • オールドルフ:1695-1700 (少年時代)
  • アルンシュタット:1703-1707 (オルガニスト初任)
  • ミュールハウゼン:1707-1708 (教会オルガニスト)
  • ヴァイマール:1708-1717 (宮廷専属オルガニスト)
  • ケーテン:1717-1723 (宮廷楽長)
  • ライプツィヒ:1723-1750 (教会音楽監督)

ドイツといえば先進的な環境や新エネルギーへの取り組みで知られており、2002年4月には「国家の持続可能性戦略」を閣議決定しています。この戦略の進展状況に対しては2年毎に報告書を出すことを自ら義務付けています。具体的な取り組みについては、「ドイツ発、環境最新事情」などに詳しく書かれていますが、「ドイツ環境ジャーナル」というブログでも最新の状況を知ることができます。

ドイツの持続可能性戦略の状況を調査する為に、バッハゆかりの地も訪れるというのはとても良い企画だと思うのですが...

11:06 午後 音楽 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/4597375

この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルな音楽 -バッハその3-:

コメント

コメントを書く