« コミュニティ・ビジネス | トップページ | 選挙と持続可能な社会 »

2005年8月23日 (火)

環境基本計画への意見募集

日本が持続可能な社会を実現する上で、国民や企業の取り組みも大切ですが、国の政策が非常に重要になってきます。その意味で、これまで「持続可能性」を表に掲げた国の政策はほとんどありませんでした。もちろん、循環型社会を目指すゴミ問題への取組みや、省エネルギー、地球温暖化対策など問題毎の政策や対策は取られてきていますが、日本全体が現在の緊迫した複雑な環境問題に対して今後のどのようなビジョンを持って進んでいくのかは示されていませんでした。むしろ、先進的な地方自治体や企業が、これらの問題に進んで取組む事例が最近増えて来ています。これらの取り組みを点から面へ展開する上でも国の政策は重要です。

国の環境政策の基本となる、「第三次環境基本計画」の策定に向けた意見募集が行われています。環境基本計画は、1993年に施行された環境基本法に基づき5年毎に策定されています。今回は環境分野だけではなく、持続可能な社会を目指す為の政策のあり方として非常に興味深い内容になっています。意見募集の締め切りが8/31(木)ですので、意見を書いて送るのも良いかもしれません。

[環境基本計画のあり方に関する意見募集]
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=6189

今回の環境基本計画の策定では、「持続可能な社会」の構築を目指すことが
基本的な理念として打ち出されています。

[第三次環境基本計画策定に向けた考え方(計画策定に向けた中間とりまとめ)]
http://www.env.go.jp/info/iken/h170831a/h170831a.html

中央環境審議会総合政策部会においての審議過程(議事録)も公開されており、
興味深い議論が展開されているようです。

[中央環境審議会総合政策部会議事録]
http://www.env.go.jp/council/02policy/yoshi02.html

この「第三次環境基本計画策定に向けた考え方」の目次は以下のような内容です。

1. はじめに

 持続可能な社会の基本となる3つの関わり、

  • 物の面からみた環境と我々の関わり(環境容量とのバランス)
  • 心の面からみた環境と我々の関わり(環境との生き生きとした関係)
  • 環境を介した、将来世代、世界の様々な地域の人々との関わり

 「持続可能な社会」とは、人々の生活の基盤をなす環境を健全で恵み豊かな状態に維持し、この環境との関わりを確保することを通じて、今日の多様化する国民の期待に応えることのできる社会。

2. 第三次環境基本計画策定に向けての現状と課題

(1) 踏まえるべき経済・社会の現状(世界の現状、日本の現状)

(2) 環境の現状(地球温暖化、京都議定書、廃棄物最終処分量、生物多様性保全、外来種問題)

(3) 解決すべき課題(環境負荷の削減、価値観の多様化、環境と経済の好循環、環境保全活動、役割分担の見直し、環境問題の実感、情報共有・コミュニケーション、有害物質、国際的な取組み)

(4) 持続可能な社会に向けての環境面からの理念(環境容量、予防的観点、公平性、循環、自然との共生、持続可能性、自発的行動、地球規模の体制)

3. 今後の環境政策の展開の方向
 持続可能な社会を作りだすための考え方

(1) 環境的側面、経済的側面、社会的側面の統合的な向上

  • より良い環境のための経済とより良い経済のための環境の実現
  • より良い環境のための社会とより良い社会のための環境の実現
  • 環境的側面、経済的側面、社会的側面が統合的に向上するライフスタイルへの転換に向けて

(2) 環境保全上の観点からの持続可能な国土・自然の形成

  • 自然環境の多様性の維持と質の回復・向上
  • 既存ストックの活用や農林業の機能にも着目した、環境保全上の観点から考えられる持続可能な国土づくりの推進

(3) 技術開発・研究の充実と不確実性を踏まえた取組

  • 科学的知見、化学技術の充実
  • 施策決定における最大限の科学的知見の追及
  • 不確実性を踏まえた施策決定と知見の向上等に伴う施策変更の柔軟化

(4) 国、地方自治体、国民の新たな役割と参加・協働の推進

  • 国、地方公共団体、民間の役割を踏まえた連携の強化
  • 施策プロセスへの広範な主体による参画の促進
  • 行政と民間とのコミュニケーションの質量両面からの向上

(5) 国際的な戦略を持った取組の強化

  • 国際的枠組みでの持続可能な開発を目指した戦略的な取組の強化
  • 国際的なルールづくりへの積極的な参画
  • 国際社会の状況を意識した我が国における持続可能な社会づくり

(6) 長期的な視野からの政策形成

  • 50年といった長期的な視野を持った取組の推進
  • 長期的な取組のための知見の充実

4. 持続可能な社会に向けた重点的な取組

(1) 本計画の視野(21世紀最初の四半世紀における社会構築の方向と環境政策)

(2) 重点分野の等の考え方(優先的に取り組むべき重点分野、中長期的な目標、主体ごとに行動を明確化、指標の検討)

(3) 個別的分野:個別の事象ごとに必要となる具体的な分野

  • 地球温暖化対策
  • 物質循環の確保と循環型社会の構築のための取組
  • 都市における良好な大気循環の確保に関する取組
  • 環境保全上健全な水循環の確保に向けた取組
  • 化学物質の環境リスクの低減
  • 生物多様性の保全の問題

(4) 横断的分野:領域を横断した取組や政策手段に着目した分野

  • 市場において環境の価値が積極的に評価される仕組みづくり
  • 環境保全の人づくり・地域づくりの推進
  • 技術開発の推進と長期的な視野を持った手法・情報等の基盤の整備
  • 国際的枠組みやリールの形成への貢献

5. 第三次環境基本計画の構成について

10:36 午前 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/5596090

この記事へのトラックバック一覧です: 環境基本計画への意見募集:

コメント

コメントを書く