« 環境基本計画への意見募集その2 | トップページ | 持続不可能性その2 »

2006年3月27日 (月)

持続不可能性

このブログでは、サステイナブル(持続可能)なものについて紹介しているのですが、その反対の「持続不可能」な状態を知ることにより、その逆である持続可能な状態を知るというアプローチもあります。

最近、考古学的、あるいは歴史学的な見地から生物種や文明の滅亡について書いた本が多く書かれています。私自身もまだきちんと読んだわけではないのですが、とても興味深い内容が書いてあるようですので、その概要をご紹介したいと思います。

[暴走する文明] ロナルド・ライト著、星川淳訳、NHK出版

旧石器時代から、現在に至るまで、人類が歩んできた文明の勃興の歴史を分析し、それらに共通する滅亡のパターンを述べています。副題にある「進歩の罠」というものが、その共通するパターンということなのですが、この「進歩の罠」というものは、どの様なものでしょうか。まず、一つのポイントは現在まで1万年間の気候です。人類が生まれてから100万年以上が経過していると言われていますが、その中で、現在までの1万年が一番安定しているというのです。その安定ゆえに人類は、それまでの狩猟主体から、農業を基盤とした文明や都市の形成へと「進歩」することができました。そしてその「進歩」は、様々な競争、そして戦争を生み出し、その規模は拡大する一方です。歴史が証明する事実として、人類は、「進歩」に対して、非常に貪欲であり、それが限界を迎えて自らが滅びるまで続けるというのです。私達がこの「進歩の罠」から抜け出すには、どうしたら良いのでしょうか...

[人類は滅亡する] マイケル・ボウルター著、佐々木信雄訳、朝日新聞社

こちらは、歴史学ではなく、さらに長い時間を研究する「考古学」に知見から非常に長期的に人類の滅亡について論じています。まず、考古学でもっとも有名な絶滅と言えば、恐竜の絶滅でしょうか。それ以外にも、過去の生物の発生と滅亡に至るまでの共通するパターンを調べることにより、人類が滅亡に至るプロセスを冷徹に分析しています。人類が客観的に自分達の地球環境の中での今の立場を正しく認識することができれば、もう少し良い方向に進むことができると思うのですが。

[文明崩壊(上)(下)] ジャレド・ダイアモンド著、楡井浩一訳、草思社

これは上下2冊に分かれた大作です。副題は「滅亡と存続の命運を分けるもの」となっています。多くの文明の滅亡と存続の事例により、共通のパターンを見つけようとしています。先ほど、紹介した「暴走する文明」と共通する事例としては、有名な「イースター島」のものがあります。あの石像は何の為に作られ、それを作った民族はどの様な運命を辿ったのか。非常に興味深い話ですが、島という限られた自然資源しかない空間では、森林の消滅などの環境問題がもっとも大きな原因となっていたようです。過去の事例では、これ以外に「マヤ文明」、「グリーンランド」などが詳細に書かれています。

下巻では、滅亡せずに存続し文明の事例を紹介し、その道筋を示しています。その中で江戸時代の日本が紹介されいるのは、とても興味深いことです。さらに、現代の社会で起きている様々な危機についても述べています。アフリカの人口危機による争い、中国の環境問題などです。

第4部では、将来に向けた分析と提言を行っています。まず、何故、社会が持続できる正しい判断をすることができないのかということを分析していますが、環境資源の枯渇については、「共有地の悲劇」という有名な理論があります。それ以外にも様々な分析を行っていますので、きちんと本を読んだ後に紹介したいと思います。

最後に、著者が警告しているとりわけ深刻な「12の環境問題」について列挙します。これらはいずれも放置すれば、文明の崩壊つながる問題ばかりです。

  1. 自然の棲息環境
  2. 野生の食料源(漁業資源について)
  3. 生物の多様性
  4. エネルギーの限界
  5. 土壌被害
  6. 真水の限界
  7. 光合成能力の限界
  8. 毒性化合物
  9. 外来種
  10. 温室効果ガス
  11. 人口増加
  12. 人口増加による資源消費、廃棄物の深刻化

01:04 午前 サステイナブル |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/9276458

この記事へのトラックバック一覧です: 持続不可能性:

» 木質バイオマス発電 トラックバック 砂漠を緑に。~植林NPO事業に挑戦~
木質バイオマス発電事業で、東証マザーズに上場をしている会社をご存知でしょうか? 私は、遅ればせながら昨日知りました。 株式会社ファーストエコ 株式会社岩国ウッドパワー (ファーストエコ100%子会社) 私の割り箸事業の肝になる間伐材の仕入れの部分で連携出... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 5:03:39

コメント

コメントを書く