« スウェーデンの「持続可能な発展」指標その2 | トップページ | 2006年の振り返り その1 »

2006年12月 4日 (月)

スターン・レビュー:気候変動の世界経済への影響

近い将来(あるいはすでに)、地球温暖化に伴い世界的な脅威(リスク)となってきている世界規模の気候変動が世界経済へ与える影響を評価し、気候変動を最小限に抑えるための対策に必要な費用(コスト)を算出したレポートが英国で去る10月30日に発表されました。元世界銀行上級副総裁のニコラス・スターン博士が気候変動・開発における経済担当政府特別顧問として英国政府からの委託を受けて詳細な調査を1年間余りに渡って行った報告書で、「スターン・レビュー」(Stern Review: The Economics of Climate Change)と呼ばれています。報告書の全文は、英語ですが、概要は英国大使館のホームページなどから日本語で入手することができます。また、国立環境研究所のAIMチームが精力的に概要(ロング版)の翻訳やコメントなどを行っています。全文の翻訳も4月には、完成するそうです。

[英国大使館:スターン・レビュー]

[スターン・レビュー日本語概要(ショート版)]

[スターン・レビュー日本語概要(ロング版)]

[スターン・レビュー日本語要旨ほか(国立環境研究所AIMチーム)]

[スターン・レビュー全文(英語)]

先週11/28には、スターン博士が来日し、「気候変動と経済」と題した国際シンポジウムが開催されました。残念ながら、私自身は参加できませんでしたが、参加した人のお話と入手した資料では、これまでの日本国内での気候変動への認識をあらたにするに足る、とても有意義なものだったそうです。就任したばかりの若林環境大臣の講演も日本および世界経済に対する気候変動のリスクを正面から受けとめ、とても的を得たものだった様です。この様な認識が政府内をはじめ産業界にまで十分に浸透し、日本国内での気候変動政策や企業の取組みがビジョンに向かって確実に進むことが重要だと思います。

[気候変動と経済 シンポジウム 2006/11/28]
http://www.sternreview.jp/

「スターン・レビュー」の主な内容は、以下のとおりです。これからの10年の気候変動への取組みが非常に大切になり、温暖化対策の遅れは世界規模で取り返しのつかない状況を招くとして、より具体的な警鐘を鳴らしています。

(1) 対策を講じなかった場合の気候変動のリスクと費用の総額は、世界のGDPの5%強に達し、より広範囲の影響を考慮すれば、損失額は少なくともGDPの20%に達する可能性がある。

(2) 温室効果ガスの排出量を削減するなどの対策を講じる場合の費用は、CO2濃度レベルを500~550ppmに抑えるために今すぐに対策を継続的に講じた場合には、年間の平均でGDPの1%程度と推定される。

(3) 対策を怠った場合、長期的に地球全体の平均気温が5℃以上上昇する可能性は50%強となる。この5℃の気温上昇は、最後の氷河期の気温と現在の平均気温の差に匹敵し、その影響は計り知れない。

(4) 現在のCO2濃度レベルは、430ppmであり、年間2ppmずつ上昇している。450~550ppm程度にCO2濃度レベルが抑えられれば、平均気温の上昇はかろうじて許容範囲と考えられている2℃に抑えられる可能性がある。その為には、2050年までにCO2排出量を少なくとも現在の25%削減する必要があり、最終的には80%以上削減する必要がある。

(5) 気候変動の影響は、貧しい国々や人々がもっとも最初に受けると考えられるが、開発途上国を中心に気候変動に順応化する対策が必要となるだろう。それには、より正確な情報の提供、計画の改善、気候変動に強い品種やインフラの開発などが挙げられる。その為の費用の捻出に、CDMを始めとする先進国の炭素市場が必要とされている。

(6) 気候変動への対策や取組みは、長期的lな経済政策と組み合わせて可能であり、低炭素商品やサービスなどの新たなビジネスも生み出している。これらの市場は年間何千億ドルに達する可能性があり、雇用機会も拡大する。

(7) 気候変動に対して、国際規模で効果的に対応するには、次の3要素を政策に織り込む必要がある。

  • 炭素価格で、税金、取引もしくは規制に関する実践
  • 低炭素テクノロジーの開発のサポート、実用化
  • 一人ひとりに何ができるかについて情報を与え、教育し、説得する

(8) 長期的なゴールに向けて国際的共有ビジョンを作り上げ、以下の4つの要素を織り込んだ国際的枠組み構築する必要がある。

  • 国内排出取引の拡大
  • 温暖化対策技術協力の体制強化
  • 森林伐採を減らすための対応策
  • 気候変動への順応化対策

[参考URL]

国立環境研究所が中心となっているAIMプロジェクトチームが行った
レポートのレビューや日本語訳があります。
http://www-iam.nies.go.jp/aim/stern/index.htm

様々な角度からこのレポートを紹介している温暖化に関する
ブログ「温暖化いろいろ」の記事です。
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/7849.html

11:07 午後 脱温暖化 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/12936086

この記事へのトラックバック一覧です: スターン・レビュー:気候変動の世界経済への影響:

コメント

コメントを書く