« 普及が進む太陽光発電 | トップページ | 後は行動に移すだけ »

2007年5月27日 (日)

サステイナブルなニュース 第2号

今週も前回に引き続き、サステイナブルなニュース第2号をお送りします。いずれも1ヶ月程前にニュースになったものばかりです。日本国内のCO2排出量は増え続けており、食料自給率も完全に横ばいということで、この膠着状態を抜け出すには、果たして何が必要なのでしょうか。

*********** サステイナブルなニュース 第2号 *****************************

日本経団連が、CO2排出削減のヒント集を発表

日本経団連が、産業界の地球温暖化対策の一環として、CO2排出削減のための900のヒントをまとめた事例集を発表した。この事例集では、製品の製造段階などの工場での対策や、物流や旅客などの運輸関係、オフィスや商業施設など業務における対策にとどまらず、家庭や通勤といった業務外での対策も取り上げている。日本経団連は「環境自主行動計画」の中で、産業界の地球温暖化対策に取り組んでおり、2年前に最初の事例集を発表したが、今回はそれをさらに拡充したものになっている。

[日本経団連:地球温暖化防止対策事例集~CO2排出削減900のヒント~]
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2007/029.html

食料自給率は8年間連続横ばいの40%

世界の食料需給が不安定さを増す中で、農林水産省は、2年前から「食料・農業・農村基本計画」に基づく行動計画を策定し、食料自給率に関する目標を設定した取組みを行っている。この3月に発表された「食料自給率レポート」によると、日本のカロリーベースの食料自給率は、昭和40年代には70%以上あったが、その後の肉類の消費増など食生活の大きな変化により急激に低下し、平成10年度から横ばいの40%が続いている。また、農地面積も年々減少しており、国民1人あたりの農地面積は主要な先進国と比べても極端に小さい。食料の多くを輸入に頼る状態が続いているため、国内生産の増大を基本とした食料安全保障という考え方も重要となってきている。

[農林水産省:我が国の食料自給率 ~平成17年度 食料自給率レポート~]
http://www.kanbou.maff.go.jp/www/jikyuuritsu/report17/jikyu01_17.html

CO2排出をゼロにできるエコな旅行を提案

JTB関東では、新しいエコツアーブランドGREENSHOESの中で、第一弾の目玉商品として「CO2ゼロ旅行」を共同開発し、4月より販売受付を開始した。年間10,000人の取り扱いを目指しており、旅行の際に移動などで排出されるCO2を、グリーン電力証書という仕組みを利用してオフセットする。JTB関東がこのツアーを販売、「ソニー・ミュージックコミュニケーションズ」がグリーン電力証書を調達し、「環境エネルギー政策研究所」がオフセットに必要なグリーン電力量を算出する。ツアーの代金の一部がグリーン電力証書を通じて、太陽光や風力発電などの自然エネルギーの維持拡大に利用される仕組み。

[JTB関東:エコツアーブランド「GREENSHOES」の第一弾「CO2ゼロ旅行」]
http://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00001&news_no=645

10:05 午後 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第2号:

コメント

コメントを書く