« 世界中で変わり始めたエネルギーの中身 | トップページ | カーボンのお値段はいくら? »

2007年6月23日 (土)

サステイナブルなニュース 第6号

空梅雨が続き、やはり地球温暖化のついてのニュースが多いと感じる今日この頃ですが、今週も恒例のサステイナブルなニュースをお届けします。

************* サステイナブルなニュース 第6号 *********************

全事業所に太陽光発電設備の導入を計画

三菱重工は、地球温暖化対策のためのCO2排出量削減の一環として、今年度末までに全事業所に太陽光発電設備を導入することを決めた。これまで導入した出力370kWの設備に加えて、これまで未設置だった5事業部と、既設分に追加導入を行い、全社総導入量を1090kWとする計画。これによるCO2排出削減量は、既設分も含め年間約340トンとなる。今回採用する太陽電池は、薄膜系電池の次世代機種として三菱重工が開発し、すでに量産を行っているもので、従来のアモルファス型と比べて発電効率が大幅にアップしている。また、シリコンセルを使った結晶型と異なり、原材料の制約が小さく、安定供給に優れた特徴がある。

三菱重工プレスリリース:「太陽光発電設備を全事業所に導入 2007年度末までに」
 http://www.mhi-ir.jp/news/sec1/200705164585.html

国際環境NGO(WWF)が地球温暖化防止対策に具体的提言

国際環境NGOの世界自然保護基金(WWF)は、5月15日に2050年までの中長期に渡る地球温暖化防止対策に関するビジョンを報告書としてまとめ、発表した。今後5年間が、地球温暖化防止にとって最後のチャンスとして警鐘を鳴らすと共に、現在のエネルギー効率化技術や再生可能エネルギーなどを総動員することにより、平均気温上昇を2℃までに抑制する温暖化防止はまだ可能であると具体的な予測モデルを基に提言している。ただし、世界各国が、CO2排出量を削減するための国際的な合意を今後5年間のうちに行い、省エネルギーや再生可能エネルギーの大幅な普及を2050年までに実現する必要があると指摘しており、日本に対しても高い技術力によりアジアでのリーダシップが期待されている。

WWFプレスリリース(英語):
http://www.panda.org/news_facts/newsroom/index.cfm?uNewsID=102400

東京都の「企業の森」第1号として協定書を締結

東芝は、CSR活動の一環として、東京都などと「企業の森」第1号として森林整備協定書を締結した。青梅市御岳の約4.7haの森林を「企業の森・東芝(御岳)」と名付けて、今後10年間にわたり「花粉の少ない森づくり運動」の一環として森林整備費を負担し、従業員の環境教育等の場として活用する。東芝は、2025年に創業150周年を迎えるが、CSRとして「150万本の森づくり」運動を世界的に展開し、国内外で総計150万本規模の森林整備に取り組んでいる。この「企業の森」は、和歌山県や三重県などで環境意識の高い企業などの参画により経済的な波及効果も含め着実に成果を挙げており、その取り組みが全国的に広がっている。

東芝プレスリリース: http://www.toshiba.co.jp/about/press/2007_05/pr_j2101.htm
東京都「企業の森」募集:
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2006/09/22g9s700.htm
和歌山県「企業の森」募集&経済波及効果の調査結果:
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070700/kig_mori/kig_mori.html

09:34 午後 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/15534681

この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第6号:

コメント

松原様
お久しぶりです。16期でお世話になりました。環境問題はテーマが大きすぎて掴みどころが無く、どうしようかと思ってしまいます。いろいろな人がいろいろなことを言って誰のことを信じていいのか分からないというのもありますね。そんな中、松原さんのご意見は貴重なご意見だと感じます。やはり知っている人が発言されることが良いですね。がんばってください。おかげさまで、先の選挙で、地元の市議会議員になりました。

投稿: 岡村よしひさ | 2007/06/29 14:57:00

コメントありがとうございます。
多くの情報の中で、環境や持続可能な社会へつながる情報を集め始めて2年ぐらい経ちますが、これまで点であったものが次第に社会全体に広がりつつあることを実感しています。それぞれの人がそれらの情報を評価し、自らの行動に反映させることができればさらにその動きが加速されるのではないかと期待しています。これからも皆さんのフィードバックを頂きながら、地道に活動して行きたいと思います。

投稿: Hiro | 2007/07/11 19:08:17

コメントを書く