« サステイナブルなニュース 第13号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第14号 »

2007年8月17日 (金)

地産地消の環境エネルギー戦略を考える

地球温暖化による気候変動の影響は、地球上のあらゆる場所で顕著になりつつあります。この夏の各地の洪水や異常高温、そして北極海の海氷の面積が過去最小になったという衝撃的なニュースがあり、地球温暖化の影響はIPCCの報告書を上回るスピードで進んでいるようです。

[海洋研究開発機構:北極海での海氷面積が観測史上最小に
-今後さらに予測モデルを大幅に上回る減少の見込み -]
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20070816/index.html

そんな中、下記のセミナーがNPO法人環境エネルギー政策研究所主催で9/13(木)午後に東京都中野区で開催されます。市民出資を活用した横浜市や飯田市の地域エネルギー事業や、先日、新聞発表された「永続地帯」の研究報告などがありますので、ご興味のある方は是非、ご参加ください。

[ISEPセミナー:地域エネルギーによる新たな温暖化防止戦略]
http://www.isep.or.jp/event/070913sympo.html
※ちらし: http://www.isep.or.jp/event/070913sympo.pdf

参考URL:
[横浜市:ハマの風車]
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/mamoru/furyoku/index.html
[飯田市:おひさま進歩エネルギー]
http://www.ohisama-energy.co.jp/
[エネルギー永続地帯]
http://sustainable-zone.org/
------------------------------------------------------------

第2回ISEP環境エネルギーセミナー(地球環境基金支援事業)
**************************************************************
地域エネルギーによる新たな温暖化防止戦略
-地域からはじまる公民協働の挑戦-
**************************************************************
京都議定書の約束期間を来年に控え、地球温暖化問題への懸念と関心がますます高まる一方、日本は削減どころか、温室効果ガス7.8%増(05年確報値)と、地球温暖化対策に難航しています。そうした中で、欧州の「地域エネルギー環境事務所」や市民風車など、ローカルでの新たな取り組みとその広がりが注目されています。このたび、環境省が平成16年から実施してきた「環境と経済の好循環、平成のまほろば事業」の第1次事業が完了し、環境エネルギー政策研究所が支援してきた長野県飯田市の「おひさま進歩エネルギー」も、無事に第1期の市民出資分配に漕ぎ着けることが出来ました。これを機に、今回のセミナーでは、従来の枠組みを越えて、新たな手法で環境エネルギー事業に取り組む地方自治体や地域の取組み報告を交え、知恵と協働をベースとする地域のエネルギー・温暖化戦略の新しい流れを探ります。
--------------------------------------------------------------
日時:9月13日(木)13:30-16:45(開場13:15)
会場:なかのZERO 視聴覚ホール(定員100名/地下2階)
   東京都中野区中野2-9-7 Tel:03-5340-5000(代)
   JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分
主催:特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)
共催:「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク(GEN)、
    有限責任中間法人自然エネルギー市民基金、
千葉大学公共研究センター
後援:環境省、経済産業省、東京都(いずれも申請中)、
中野区、グリーンエネルギー購入フォーラム
協賛:おひさま進歩エネルギー(有)、(株)自然エネルギー・コム、
(株)自然エネルギー市民ファンド
参加費:一般1,000円、主催・共催団体の会員は無料

■プログラム
開会挨拶 田中大輔 中野区長
解題  「知恵と協働の地域エネルギー・温暖化戦略への新潮流」
     飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
基調講演「環境と経済の好循環のまちモデル事業・第1次を終えて」
     大倉紀彰(環境省環境計画課 課長補佐)
実践報告1:「横浜発!ハマの風車への挑戦」
     関川朋樹(横浜市環境創造局 温暖化対策課長)
実践報告2: 飯田発!おひさま進歩エネルギーの挑戦」
     竹村英明(おひさま進歩エネルギー有限会社)
研究報告:「エネルギー永続地域から見えるもの」
     倉阪秀史(千葉大学法経済学部准教授)
 (休憩10分)
パネル討論:「知恵と協働の地域エネルギー・温暖化戦略」
     コーディネーター:飯田哲也
閉会挨拶

■お申込み方法
下記必要事項を明記の上、E-mail,Fax,Telにて9月10日(月)までに
ご連絡ください。
参加者氏名:
団体・会社名:
所属:
連絡先:(Tel,Fax,E-mail)
会員区分:(一般/ISEP/GEN/千葉大)

※ Faxの場合、以下のURLのちらしの裏面をご利用ください。
  http://www.isep.or.jp/event/070913sympo.pdf
※ これらの個人情報は、本セミナーに関するお知らせにのみ利用させて
いただきます。

■お問合せ先
環境エネルギーセミナー事務局(ISEP内)
〒164-0001東京都中野区中野4-7-3
E-mail:isep@isep.or.jp(件名に「セミナー申込み」とご記入ください)
Tel:03-5318-3331 (セミナー担当係) Fax:03-5319-0330
URL:http://www.isep.or.jp/

■本セミナーで使用する電気は、おひさま進歩エネルギー(長野県飯田市)
の太陽光発電からのグリーン電力でまかなわれています。

10:10 午後 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地産地消の環境エネルギー戦略を考える:

コメント

コメントを書く