« サステイナブルなニュース 第17号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第19号 »

2007年9月21日 (金)

サステイナブルなニュース 第18号

まだまだ残暑(?)が厳しい今日この頃ですが、そろそろ秋らしくなってもらわないと困りますね。少し間が開いてしまいましたが、恒例のニュースをお送りします。今回は、カーボンオフセットをさらに進めた”リカバリー”という取組みの紹介や、新しい国立公園の話題、そして私たちの生活に密着している食料自給率の話です。カーボンオフセットについては、現在、環境省の検討会が開かれており、日本での定着に向けて様々な議論が行われています。私も第1回の検討会を傍聴してきましたが、CO2削減に寄与する為には何が必要かという前向きな議論が行われており安心をしましたが、普及に向けた最低限のルール作りが期待されているようです。

[環境省:カーボン・オフセットのあり方に関する検討会]
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset/conf.html

それでは、カーボンの”リカバリー”からニュースをお送りします。

NECが、社員を対象にCO2リカバリーツアー

近年、様々な活動に伴って発生するCO2を相殺する「カーボン・オフセット」を活用する動きが広がっているが、NECでは、地球温暖化防止の施策の一環として“CO2リカバリーツアー”を実施する。これは社員やその家族を対象に環境意識の啓発活動の一環として従来のエコツアーをグレードアップしたもので、8月に実施する「オーストラリア植林ツアー」や10月の「沖縄ビーチクリーンアップツアー」が対象となる。このツアーでは、旅行に伴って発生するCO2を、具体的な植林活動によって発生量以上に削減することを目的としており、旅行をすればするほどCO2排出量を削減できる。たとえば、オーストラリア・カンガルー島へのエコツアー(6泊8日)では、一人当たり約2トンのCO2排出量に対して、最低10本の植林を行うことにより約4トンのCO2削減効果を見込んでいる。

NECプレスリリース:
http://www.nec.co.jp/press/ja/0707/2503.html

29番目の国立公園として尾瀬国立公園が誕生

国内で29番目となる国立公園として「尾瀬国立公園」が8月30日に誕生する。尾瀬国立公園は、日光国立公園の尾瀬地域(25,203ha)に、周辺の会津駒ケ岳および田代山・帝釈山周辺地域(11,997ha)を加えた面積37,200haの区域。尾瀬地域は学術的にも貴重な湿原地帯として優れた原始的景観を有し、会津駒ケ岳などの周辺地域は自然性の高い森林景観と共に山地湿原が発達している。この新たな国立公園の誕生により、国内の国立公園の総面積は国土面積の5.52%となる。今年は自然公園法50周年を記念して各地で記念行事が開催されると共に、6月にはエコツーリズム推進法(来年4月施行)が成立し、地域の自然環境の保全に配慮しつつ、エコツーリズムによる地域・観光振興、環境教育の推進が求められている。

環境省プレスリリース:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8671
エコツーリズム推進法について(環境省):
http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/law.html

平成18年度の食料自給率はさらに低下し39%に

農林水産省が発表した平成18年度の食料自給率はカロリーベースで39%となり、平成8年度より10年間40%と低迷していたものからさらに1ポイント低下した。主な原因は、短期的には砂糖の原料となるてん菜の収量の低下に伴う生産の減少や、果実の生産量の減少、米の消費量の減少などがある。生産額ベースにおいても前年度の69%から68%に低下しているが、とうもろこしなど国際的な畜産用飼料の値上がりが影響している。食料自給率は、統計を取り始めた昭和35年には79%あったが、その後、主食や肉類などの食生活の変化によりほぼ一貫して低下している。食料・農業・農村基本計画によると50%以上の食料自給率が望ましいとしながらも、実際の目標は平成27年度で45%となっており、多くの取組みにも関わらず成果に結びつくことが難しいのが現状となっている。

農林水産省プレスリリース「平成18年度食料需給表について」:
http://www.maff.go.jp/www/press/2007/20070810press_7.html

農林水産省「食料自給率の部屋」:http://www.kanbou.maff.go.jp/www/jikyuuritsu/index.html

11:29 午後 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第18号:

コメント

コメントを書く