« これからの20年間にするべきこと | トップページ | サステイナブルなニュース 第26号 »

2007年11月23日 (金)

サステイナブルなニュース 第25号

初雪の便りが各地から聞こえ始め、すでに冬が訪れたようです。暖房が必要な時期になりますが、今年は暖房用の灯油などの高騰で、別の燃料に切り替える人も多いのではないでしょうか。特に、大量の灯油や重油を使う施設ではこの燃料費の値上がりは死活問題です。そのとき化石燃料ではなく、どのようなエネルギーを選ぶかが重要です。この機会に私たちの生活に欠かすことのできないエネルギーのことについて真剣に考えてみてはいかがでしょうか。先週、エネルギー資源のピーク問題に関するセミナーに参加して来ましたが、すでに多くの人が認識しているピークオイルに加えて、天然ガスや石炭そして原子力発電の燃料となるウランのピークまでも考える必要があることを再認識しました。私たちの次の世代が持続可能な社会を創り上げることができるどうかは、地球温暖化問題や食糧問題と合わせて、このエネルギー問題を解決していく必要があります。

今週のサステイナブルなニュースをお送りします。今、温暖化対策のひとつとして注目されている排出権取引の話題、先進的な地球温暖化対策を進めている東京都の取組み、そして今後のもっとも注目すべき国、中国との協力関係の話題をお送りします。

************* サステイナブルなニュース 第25号 ************

日本企業として丸紅が欧州排出権取引所に初めて加盟

丸紅(株)は、日本企業として始めて欧州排出権取引所ECX(European Climate eXchange)に加盟したことを発表した。ECXは世界最大の排出権取引所であり、2005年4月から排出権取引を開始し、欧州主要企業を中心に80社が会員となっている。2006年の取引規模は、EUA(欧州内の排出権)で推定100億ユーロに拡大している。ECXでは、京都議定書の京都メカニズムによる排出権CERの上場を今年9月より予定しており、欧州域内だけではなく国際的な排出権取引の拡大が見込まれている。丸紅は、この国際排出権取引に参画し、従来から扱っている海外での温室効果ガス削減プロジェクト(CDMなど)によるCERの調達、販売の機能や体制を強化する。さらに、国際排出権取引市場の創設を目指す非営利団体である国際排出権取引協会IETAにも加盟し、国際排出権取引に関する枠組み作りにも積極的に関わる方針としている。

丸紅プレスリリース:
http://www.marubeni.co.jp/news/2007/070921.html

東京都が、民間企業の協力により白熱球一掃作成を展開

東京都の気候変動対策の一環として、コンビニ、スーパー、電気店などと連携した「白熱球一掃作成」を展開することを発表した。家庭で従来から使用されている白熱球を、電球型蛍光灯に交換することにより、家庭で使用される電気の2割弱を占めると言われる照明の省エネを推進する。都内に店舗を有するコンビニ各社において、電球型蛍光灯の取り扱いを10月より開始。スーパー各社においては、売場拡大や割引セールなどにより積極的な販売を行う。電気店においても店頭で省エネ性能などのメリットを宣伝する。さらに、率先行動として東京都の施設において現在使用されている白熱球2万9千個について、原則として来年度末までに全て電球型蛍光灯に交換することにより、約200トンのCO2を削減する。

東京都プレスリリース:
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2007/09/20h9l200.htm

日中間で省エネルギー・環境に関する10件の協力に合意

9月下旬に北京で開催されていた「第2回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」において、省エネルギー・環境に関する10件の協力について日中間で合意された。このうち5件については、日中省エネルギー・環境ビジネス推進モデルプロジェクトとして協力合意に至ったもので、石炭火力発電所の省エネ・環境診断及び技術改善事業の他、紡績工場の省エネ改善プロジェクト、下水汚泥・都市ごみ・未利用バイオマスのエネルギー化事業及び有効利用、鉄鋼・化学工業業界の電機システムの省エネ・余熱余圧利用のモデルプロジェクトなどがある。その他の協力合意事項としては、日本化学工業会と中国石油・化学工業協会との協力推進、日中間の循環型都市に関する協力推進、排熱発電に係る設備の製造を行う合弁企業の設立、省エネ推進・環境改善のための金融スキーム、そして日本のESCO推進協議会と中国ESCO協会との協力となっており、全て民間レベルで実施される。

経済産業省プレスリリース:
http://www.meti.go.jp/press/20070927002/20070927002.html

09:17 午後 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第25号:

コメント

コメントを書く