« サステイナブルなニュース 第28号 | トップページ | 平成20年を迎えて »

2007年12月27日 (木)

サステイナブルなニュース 第29号

今年も残り数日となりました。この一年で地球温暖化を取り巻く動きは大きく変化しました。国内での「不都合な真実」の上映に始まり、米国ではブッシュ大統領がようやく地球温暖化を認めましたが、2月にはIPCCの第4次評価報告書の最初のレポートが発表され、国内では国立環境研究所から低炭素社会シナリオが発表されました。その後も、IPCCのレポートが矢継ぎ早に発表される中、6月のドイツサミットに向けて、国内では「21世紀環境立国戦略」が短期間に策定されました。今年の夏には、北極海の氷の面積が史上最小となり、大型の熱帯低気圧や洪水や旱魃などの異常気象が世界各地から報告されています。そして、12月には国連の気候変動に関する国際会議がインドネシアのバリ島で開催され、発展途上国を含む枠組みを作るためのロードマップが策定されました。まさに世界の動きは加速していますが、国内での動きはかなり鈍く、その成果はいまだ目に見える形にはなってはいません。いよいよ来年からは京都議定書の第一約束期間ですが、果たして地球温暖化防止に向けてどのような国内外の動きがあるのでしょうか。

今週のサステイナブルなニュースをお送りします。今回は、省エネ家電普及に向けた動きや日本経団連の調査結果という軽いお話と、国連の機関による"GEO-4"と呼ばれる人類の危機を警告している非常に重いレポートのご紹介です。

*********** サステイナブルなニュース 第29号 **************

省エネ家電の普及促進を目指しフォーラム設立

家庭での省エネ対策に有効な省エネ家電製品(エアコン、冷蔵庫、照明など)の普及促進を目指すため、家電メーカ、小売事業者および消費者団体などが連携した「省エネ家電普及促進フォーラム」が10月18日に設立された。ポータルサイトを開設すると共に、省エネ家電製品普及キャンペーンの実施、統一省エネラベルや講座実施などの情報提供の充実、家庭の省エネ診断ツールの構築、「省エネコンテスト」の共催などの活動を今後行う。エネルギー消費量が増加傾向にある家庭部門での省エネ対策として、近年、省エネ性能が大きく向上している家電製品の普及が極めて有効としており、政府の「チームマイナス6%」や「めざせ!1人1日1kgCO2削減」などの取組みとも連携する。統一省エネラベルは、昨年10月より小売事業者での表示制度が開始されており、実施の徹底を図り、消費者への情報提供を充実する。

環境省プレスリリース:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8947
ポータルサイト「ハロー!省エネ家電」:
http://www.shouenekaden.com/

オフィスや家庭での地球温暖化対策をフォローアップ調査

日本経団連では、会員企業に対してオフィスや店舗等におけるエネルギー効率の改善に向けた対策強化や従業員の家庭レベルでの取組みを6月に要請すると共に、そのフォローアップ調査を9月に実施した。会員企業1336社のうち483社から回答があり、オフィスビルにおける省エネ活動でエネルギー消費量等の数値目標を設定している企業は6割に達し、9割以上の企業は冷暖房温度の調整等の省エネ活動を実施している。一方、従業員の家庭において環境家計簿の活用を推奨している企業は16%に留まっており、今後の普及が期待されている。来年からの京都議定書の約束期間を控え、CO2の排出量が30%以上増加(1990年比)している業務部門(オフィスや店舗等)や家庭部門に対して、省エネ活動の推進などが重要になっている。

日本経団連プレスリリース:
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2007/082.html

国連、地球環境に関する報告書で人類の危機を警告

国連環境計画(UNEP)は、10月に現在の包括的な地球環境の概況を”GEO-4”と呼ばれる報告書として発表した。5年ごとに発表され、今年で4回目のこの報告書では、この20年間の気候変動や生物多様性の損失、人口増加などへの取組みが未だ不十分で、多くの国々で困難に直面しているとし、このままでは人類の生存を脅かしかねないと警告している。人口の増加に伴い人類の地球環境へのダメージ(フットプリント)は1人あたり21.9ha分に達し、地球環境の平均容量である15.7haをすでに大幅に超えていると指摘。報告書は500ページ以上に及び、390名の専門家により、5年間かけて世界中の1000人以上がレビューに参加して作成された。人類全体のこの困難な状況を乗り越えるために、われわれが今どのように行動するかが重要であることを強調している。

国連環境計画プレスリリース:
http://www.unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?DocumentID=519&ArticleID=5688&l=en
温「断」化ニュース:
http://www.es-inc.jp/edablog/ondanka/archives/071027_192333.html

09:37 午後 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第29号:

コメント

コメントを書く