« サステイナブルなニュース 第32号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第34号 »

2008年1月28日 (月)

サステイナブルなニュース 第33号

先週、仕事で北海道に日帰りで行ってきました。新千歳空港に到着すると、空港のあちらこちらに7月の洞爺湖サミットの看板が出ており、期待の高さが伺えました。JR北海道に乗り換え電車で札幌へ向かうと、途中から雪が激しく降って来ました。どうやら札幌市内では今年一番の大雪となっている様です。話に聞くと1月の初めまではほとんど雪がなく、来週から始まる札幌雪祭りの雪は、あちらこちらから集めて来たそうです。それがこの数週間でかなりの雪が降り、やっと例年と同じような積雪となったそうです。

それでは、今週のサステイナブルなニュースをお届けします。今週は、地球温暖化の傾向を知る上で重要な大気中のCO2濃度のデータが発表されたこと、その名も「地球地図プロジェクト」ということで、地球全体の自然環境などの状況を最新のデータを基にビジュアル化したもの、そして恒例のエコプロダクツ大賞の結果です。

********** サステイナブルなニュース 第33号 ****************

増え続ける温室効果ガスの大気中濃度、WMOが報告

WMO(世界気象機関)が11月に発表した温室効果ガス年報によると、2006年の大気中の温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素)の平均濃度が、過去最高水準となっている。特に二酸化炭素(CO2)については381.2ppmで最高濃度を更新すると共に、最近増加傾向が強まっており、工業化時代以前の値である約280ppmより36%高く、前年より約2.0ppm上昇した(最近10年間の平均増加量は1.9ppm)。一方、メタン濃度の増加については最近10年間で緩やかになってきており、平均濃度は工業化時代以前より155%高いものの、前年とほぼ同じ濃度となった。WMOでは、温室効果ガス世界監視ネットワーク(WMO-GAW)において世界中の観測データを収集しており、日本の気象庁が温室効果ガス世界資料センター(WDCGG)を運営して収集・解析にあたっている。

気象庁プレスリリース(2007/11/23):
http://www.jma.go.jp/jma/press/0711/23a/CO2_conc1123.html

地球地図プロジェクト、地球全体の樹木の分布を公開

国土地理院は、地球全体を対象とした「地球地図・樹木被覆率データ」の試作版を公開した。この樹木被覆率データは、森林・砂漠化の状況や水資源の変化、二酸化炭素の吸収量や吸収源の変動の推定などに役立てることができ、地球環境の変化の基礎資料となる。またブラジルのアマゾンを始め、東南アジア地域やアフリカでの不法伐採などによる森林の減少の状況などが一目でわかる。各国の地図作成機関が協力して進めている地球地図プロジェクトでは、2008年4月を目処に地球地図第1版として全陸域のデータを公開するため、データの整備、検証を進めている。公開された地球地図データは、作成されたものから順次インターネットを通じて全世界に公開されている。

国土地理院プレスリリース:
http://www.gsi.go.jp/WNEW/PRESS-RELEASE/2007/1120.htm
地球地図サイト:
http://www1.gsi.go.jp/geowww/globalmap-gsi/globalmap-gsi.html

第4回エコプロダクツ大賞の結果発表

環境負荷の低減に配慮した優れた製品やサービスを選ぶエコプロダクツ大賞が今年も発表された。第4回目となる今年は、大賞としてエコプロダクツ部門4件、エコサービス部門3件がそれぞれ選ばれており、12月に東京ビックサイトで開催されるエコプロダクツ2007展示会において表彰が行われる。エコプロダクツ部門の大賞に選ばれたのは、バンダイの「ガシャポンアースカプセル昆虫採集」、富士ゼロックスの「ゼログラフィー複写機&プリンター」、エコファクトリー社の「輻射式冷暖房装置ハイブリッドサーモシステムecowin」そしてJR東日本・日立製作所の「鉄道用ハイブリッド車両」。エコサービス部門では、NTTファシリティーズの「グリーンポテト(屋上サツマイモ水気耕栽培システム)」、東芝エレベータの「エレベータのリニューアル」、日産自動車のカーウィングスナビゲーションシステム(愛車カルテ/最速ルート探索サービス)となっている。

第4回エコプロダクツ大賞受賞結果:
http://www.gef.or.jp/ecoproducts/4th_result/index.htm

01:58 午前 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第33号:

コメント

コメントを書く