« 再生可能エネルギーの将来ビジョン | トップページ | サステイナブルなニュース 第37号 »

2008年2月23日 (土)

サステイナブルなニュース 第36号

今日は風の強い一日でしたが、春一番だったそうですね。まだまだ寒い日が続きますが、着実に春が近づいているようです。それでは、早速、今週のニュースをお届けします。今回は、国際的なランキングについて2つ紹介していますが、どうもこの様なランキングでは日本の順位がいつも芳しくありません。実態が正しく評価されている部分については素直に反省すべきですが、きちんと評価されていない部分も多いのではないでしょうか。それでもこれらのランキングでは、普段、日本国内では見落とされている視点に気付くことができます。

********** サステイナブルなニュース 第36号 **************

地球温暖化による気候変動対策の国別ランキングで日本42位

今年で3回目になる気候変動対策に関する国別ランキングが、バリで開催された国連の国際会議に合わせ、ドイツの環境NGOから発表された。1位は昨年に引き続きスウェーデンで、2位以下はドイツ、アイスランド、メキシコ、インドとなっている。日本は42位で、昨年の39位から順位を落としたが、特に政策面の不足が指摘されている。この気候変動対策指標CCPI(Climate Change Performance Index)では、温室効果ガスの排出量傾向(昨年との比較など)が50%、現在の排出量が30%、政策面が20%の割合で評価されている。1位のスウェーデンにおいても排出量のトレンドやそのレベルでは、対策として決して十分ではなく、100点満点のスコアのうち65.6に留まっている(日本は46.9)。中国は、政策が評価され、順位を上げて40位となっているが、排出量は増え続けている。

ドイツ環境NGO(Germanwatch)プレスリリース(英語):
http://www.germanwatch.org/presse/2007-12-07e.htm

初めての国際的な人道支援国別ランキングで日本18位

国際NGO「DARA」は国際的な人道支援に関する国別の指標HRI(Humanitarian Response Index)の評価結果を新たに発表した。評価対象はOECDの開発援助委員会(DAC)に所属する23の国となっており、1位はスウェーデンで、以下ノルウェー、デンマーク、オランダなどEU諸国が上位に並んでいる。日本は、近年のODA予算の減少なども影響して18位だった。評価はステークホルダーへのアンケート調査などにより行われ、人道支援のニーズへの対応、援助と開発の統合、パートナーとの協働、国際ガイドラインへの準拠、学習支援と責任の分担などが評価項目となっている。国際ガイドラインとしては、2003年にストックホルムでの国際会議で定められた人道支援に関する原則(GHD原則)があり、それらに基づく評価となっている。

DARAホームページでの人道支援評価指標HRI紹介:
http://www.daraint.org/web_en/hri_en.html

国内初のグリーンPPSによる電力供給、ヤマダ電機がサミットエナジーより

ヤマダ電機は、サミットエナジーと国内初のグリーンPPSによる電力供給契約を結んだ。住友商事グループのPPS(特定規模電気事業者)であるサミットエナジーより電力を供給受けると同時に、98店舗において電力の一部(360万kWh)を自然エネルギーによるグリーン電力で賄う。従来は電力供給とは別にグリーン電力証書を購入する形態だったが、国内で初めて通常の電力とグリーン電力証書をセットで供給を受ける。グリーンPPSという電力供給の形態は、欧州など海外では、普及しつつあるが、日本国内ではPPSなどの電気事業者がユーザ毎に自然エネルギーの割合を設定することが事実上できない。そのため、民間ベースでグリーン電力認証機構が発電設備の認定や電力量の認証を行っているグリーン電力証書との組み合わせにより初めて実現をした。

プレスリリース:
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=177441&lindID=5

10:26 午後 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第36号:

コメント

コメントを書く