« サステイナブルなニュース 第37号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第39号 »

2008年3月31日 (月)

サステイナブルなニュース 第38号

年度末の忙しさにかまけて前回の投稿から1ヶ月が経ってしまいました。その間に東京の桜も例年よりも早く満開を迎えているようですね。

先週の土曜日に、永続地帯と再生可能エネルギーに関する国際ワークショップが千葉大で開催されました。ドイツ、中国、インドなど海外のゲストスピーカも招待し、非常に有意義なワークショップでした。特に急成長を続けている中国での再生可能エネルギーの動向を知ることができました。

[EICネット:再生可能エネルギーと永続地帯に関する国際ワークショップ]
http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=14463

今回の、サステイナブルなニュースでは、高騰が続く原油価格が年明けに100ドルを超えたときの国際エネルギー機関(IEA)のコメントと、泥炭湿地の重要性を指摘した国連の報告書の話題などをお送りします。

*********** サステイナブルなニュース 第38号 ****************
原油1バレル100ドル超、国際エネルギー機関が声明で省エネを訴える

年明け早々に原油価格が1バレル100ドルを超えたことを受け、OECD加盟国26カ国で構成されるIEA(国際エネルギー機関)は、省エネや代替エネルギーへの投資を呼びかける声明を発表した。原油価格の高騰は長期化し、原油在庫も減少傾向にある中、100ドル超えは象徴的であり、エネルギー効率の改善が強く求められているとしている。原油の埋蔵量は豊富だが、それらが供給可能になるまでには長い期間がかかるため、上流から下流までのエネルギー効率改善による省エネや代替エネルギーへの投資が必須だとしている。IEAは、第一次石油危機の際に、石油などの国際的なエネルギー安定供給を目指して1974年に設立され、加盟国は90日分以上の石油備蓄が義務付けられている。昨年9月より事務局長を、日本から高橋信男氏が務めている。

IEA(国際エネルギー機関)ホームページ: http://www.iea.org/
IEAの概要(外務省): http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/energy/iea/iea.html
IEAの声明(英語)2008/1/3: http://www.iea.org/IEAStatementHighOilPrices.pdf

日本経団連、社会貢献活動の実績は1社平均4.5億円

地球温暖化対策には泥炭湿地の保全が効果的、国連環境計画が報告

日本経団連は、会員企業の2006年度の社会貢献活動実績の調査結果を発表した。企業1社あたりの社会貢献活動支出総額の平均は約4.5億円で、前年度より28%増加し、バブル期の1991年度の額に次ぐ結果となった。調査対象は会員企業1405社で、回答数は435社。支出分野別では「学術・研究」が20%と大幅に増え、以下、「教育」16%、「地域社会の活動」10%、「環境」9%となっている。経常利益に対する比率でも平均で2.2%となり、前年度の1.4%から大幅に増加している。独立した専門部署を設けている企業は34%で、その4割がCSR関連部門に置かれており、企業の社会的責任(CSR)の一環として社会貢献活動を位置づけ、積極的に展開しようとする企業の姿勢が数字に表れているとみられている。

日本経団連タイムズ(2008/1/1):
http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/times/2008/0101/10.html

地球温暖化対策には泥炭湿地の保全が効果的、国連環境計画が報告

国連環境計画(UNEP)や生物多様性保全条約(CBD)などがインドネシアのバリで12月11日に発表した報告書において、「泥炭湿地」の保全が地球温暖化の緩和策として非常に有効でかつ低コストあるとし、泥炭湿地の早急な保全と修復を実行することを呼びかけた。報告書では、泥炭湿地の伐採、乾燥、焼失により全世界で年間30億トン以上のCO2が排出されており、化石燃料による排出量の10%に相当するとしている(日本の排出量の約2.5倍)。泥炭湿地は世界の森林の2倍の炭素を蓄えており、地球上の炭素循環で非常に重要な役割を果たしている。特に、永久凍土、山岳、沿岸地域にある泥炭湿地は地球温暖化により深刻な脅威にさらされており、早急な保全が必要だと警告している。

国連環境計画(UNEP)プレスリリース:
http://www.unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?DocumentID=523&ArticleID=5723&l=en
「日刊温暖化新聞」記事:
http://daily-ondanka.com/news/2007/20071227_11.html

12:39 午前 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第38号:

コメント

コメントを書く