« サステイナブルなニュース 第41号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第43号 »

2008年4月30日 (水)

サステイナブルなニュース 第42号

今週はGWですが、「グリーン・ウィーク」という呼び方にしようと提案が行われています。まさに、緑を感じ、満喫する一週間にしたいですね。ガソリン税にかかわる混乱も明日からの復活でようやく元に戻る気配ですが、復活分も含め一般財源化をさらに踏み越えて、環境税化に一気に進んで行って欲しいものです。ガソリンや軽油を使うこと自体が、地球環境を破壊していることにつながるわけですから、至極、当たり前のことだと考えることができます。多くの環境NGOは、同様の提案をすでに行っています。

少し遅くなりましたが今週のサステイナブルなニュースをお送りします。今回は、世界的なランキングの中での日本の位置づけやIT業界の動きを取り上げました。

************* サステイナブルなニュース 第42号 ******************

日本郵船やリコーなど13社の日本企業が選出、持続可能な世界の100社

2005年から実施され「Global 100」として知られている「最も持続可能な世界の100社」が1月23日のダボス会議において発表された。英国が23社と最も多くの企業が選ばれ、米国が17社で続いている。日本からは日本郵船やリコーなど13社が選ばれており、リコーは4度目連続、日本郵船は2年連続で選出されている。また、中国からは初めて鉄道会社1社が選出されていている。これはカナダのコーポレートナイツ社(Corporate Knights)と米国のイノベスト社(Innovest Strategic Value Advisors)が共同で調査・格付けを行っており、環境、社会、コーポレート・ガバナンス、リスクマネジメントなどの非財務要因の企業価値に焦点を当てている。2008年は、約1,800社の対象企業から17カ国の様々な業界の企業が上位100社に選ばれた。

日本郵船プレスリリース:
http://www.nykline.co.jp/news/2008/0130/index.htm
「Global 100」ホームページ: http://www.global100.org/

温暖化対策を目指し「グリーンIT推進協議会」設立

2月1日、産官学のパートナーシップにより、IT機器の省エネ化とIT・エレクトロニクス技術による地球温暖化対策をより具体化するため「グリーンIT推進協議会」が設立された。本格的なIT化に伴い社会で扱う情報量は2025年には現在の約200倍になると見込まれ、それに伴いIT機器の台数や情報処理量は大幅に増加するため、IT機器自身の省エネは重要な課題となっている。一方、IT・エレクトロニクス技術は、高度な制御・管理による生産・流通・業務の効率化を通じて、生産性向上やエネルギー効率の向上を可能とし、環境負荷の低減に大きく貢献することができる。当面の活動を7月の洞爺湖サミットに向けた情報発信等による国際的リーダシップ発揮の支援や省エネ効果の高い電子・情報技術の抽出・ロードマップ作成、IT・エレクトロニクス活用によるCO2排出量削減可能性等の定量的調査・分析としている。

JEITA(電子情報技術産業協会)ホームページ:
http://www.jeita.or.jp/japanese/detail.asp?pr_id=1199

世界の金融機関の地球温暖化対策ランキングで、邦銀は低評価

機関投資家や環境保護団体で構成される連合組織セリーズ(Ceres)は、世界の主要な40の金融機関について初めて調査し、地球温暖化(気候変動)対策への取り組みを評価したレポートを発表した。温暖化対策に対するコミットメント、マネジメント体制、情報公開、CO2排出量削減への取組および戦略などが100点満点で評価された結果、多くの欧州の金融機関が比較的高い評価を受け、米国および日本の金融機関がそれに続いている。もっとも高い評価(70点)を受けたHSBCでは、自らのCO2排出量を自然エネルギーの利用で削減すると共に、温暖化対策に関連する事業への投融資を積極的に行っていることが評価された。日本の銀行では東京三菱UFJの39点で最高で、欧米の銀行に比べ低い評価にとどまった。これらの金融機関による市場規模は6兆ドルに達し、温暖化対策に大きな影響力を持っていると言われており、その取組みに大きな期待が集まっている。

Ceresプレスリリース(英語):
http://www.ceres.org/NETCOMMUNITY/Page.aspx?pid=826&srcid=705


10:34 午後 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第42号:

コメント

コメントを書く