« サステイナブルなニュース 第48号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第50号 »

2008年7月13日 (日)

サステイナブルなニュース 第49号

洞爺湖サミットが終わりました。終わってみれば、アメリカや中国も含め、各国とも温室効果ガスの排出量を減らさなければいけないことは十分にわかっているはずなのに、それを明確にコミットできないという状況は変わっていません。それでも皆が「2050年までに半減」という同じようなことを考えていることは、なんとなく確認できたというレベルでしょうか。

今年の夏も暑くなりそうですが、北極の氷は今年はどこまで縮小してしまうのでしょうか、北極点の氷までが溶ける確率は50%と言われていますが、グリーンランドの氷も非常に心配です。現在、読んでいる「+6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ」という本には、地球の平均気温が1℃上昇する毎にその影響を、多くの研究結果から引用しています。断片的なニュースで聞こえてくる世界各地の影響を網羅的に知ることができますが、「+2℃」の上昇でもかなりの深刻さであることがひしひしと伝わってきます。「+3℃」以上を読むのが怖くなります。

それでは、サステイナブルなニュースをお届けします。 最近は、欧州や中国のメーカに追い上げられている日本の太陽光発電装置メーカの話題などです。

************* サステイナブルなニュース 第49号 **********************

世界初、シャープが太陽電池の累計生産量で2GWを達成

太陽電池のメーカ最大手のシャープは、2007年末までの累計生産量で、世界で初めて2GW(2百万kW)を達成したと発表した。現在、世界の太陽電池の累計生産量は8GWと推定され、シャープはその約4分の1を占めていることになる。また、住宅用太陽電池パネルに換算すると、約67万世帯に相当する。シャープでは、1959年に太陽電池の研究に着手し、2009年には太陽電池開発50周年を迎える。灯台用から人工衛星用までの過酷な環境下で使用されると共に、1994年からは住宅用太陽光発電システムなど民生用の展開を本格的に開始した。2009年度中に大阪府堺市に年間1GW規模の生産能力を持つ薄膜太陽電池の新工場を稼働し、発電コストを2010年までに現在の半分にすることを目指している。世界的な太陽電池の需要拡大に合わせてメーカ各社では、太陽電池の増産を積極的に進めており、日本でも国内市場の低迷から、ヨーロッパなどへの輸出が急速に増えている。

シャープ・プレスリリース:
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/080227-a.html

メキシコ湾流と地球温暖化との関係を解明、海洋研究開発機構

海洋研究開発機構は、地球シミュレータを用いてメキシコ湾流が与える大気の気候への影響について世界で初めて詳細に明らかにした。北太平洋を流れてヨーロッパ近海まで達するメキシコ湾流は、日本近海の黒潮と並んで北半球最大の海流だが、ヨーロッパが北米よりも温暖である理由はこの海流が大きく影響していると言われている。メキシコ湾流は、熱帯からの熱を大量に運び込んで、大気に放出することにより、大気の表面付近から対流圏上層にいたるまで強い影響を及ぼし、低気圧の発生や降水量の変化など様々な気候の変化を、ヨーロッパを含む広い範囲に引き起こしていることが分かった。将来、地球温暖化によりこの海流の循環に影響が出る可能性が指摘されており、ヨーロッパ周辺での急激な気候変動が懸念されている。日本近海の黒潮についても同様に大気への影響が考えられるが、その仕組みはより複雑になっており、今後の研究が期待されている。

海洋研究開発機構プレスリリース:
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20080313/index.html

NGO/企業の環境政策提言、優秀提言が決定

環境省は、民間のNGO/NPOや企業からの政策提言を政策に生かすとともに、民間の政策提言能力の向上を目的として、政策提言の募集を毎年しており、今年も優秀提言2件などが決定した。財団法人省エネルギーセンターと(株)環境エネルギー総合研究所からの提言では、家庭でのエネルギー消費の変化量を予測するライフプランを作成し、CO2排出量の実績値および予測値を表示する「エネバロメーター」を開発して全国エネルギー予報を実施することにより、ライフスタイルにマッチした「低炭素家庭」を実現するとしている。国際環境NGOであるFoE Japanからは、「生物多様性保全のための企業とNGOのパートナーシップ形成支援政策」として、企業とNGOの協議会の設立、企業がCSRとして実施する生物多様性保全へ取組みを評価する基準づくり、教育ツールの作成と人材育成などが提言されている。

環境省報道発表:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9492

01:01 午前 環境 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第49号:

コメント

コメントを書く