« サステイナブルなニュース 第50号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第52号 »

2008年7月27日 (日)

サステイナブルなニュース 第51号

連日の猛暑が続いていますが、今年も関東地方では、東京電力の「でんき予報」が始まり、平日の電力消費量の予想を毎朝公表しています。先週金曜日に今年初めて6000万kWを超えたとしてニュースになりましたが、昨年に引き続き今年も目が離せません。東京電力が先日発表した環境行動レポートによると、新潟県の原子力発電所が停止しているため、平成19年度のCO2排出係数が0.425kg-CO2/kWhとなり、前年比で25%も増加しています。このため東京電力の電気を使用しているユーザは、同じ電力を使用しているだけでCO2排出量が25%も増えることになります。これはもちろん東京電力が不足分を化石燃料による発電で補っているためですが、ユーザ側もなんらかの対策を真剣に考える必要があるのではないでしょうか。この機会にまず25%以上の省エネを行うことやグリーン電力を活用して自然エネルギーの利用を積極的に進めるのはいかがでしょうか。

それでは今週もニュースをお送りします。いま、国内で地産地消の自然エネルギーとして注目されているバイオマスの話題、政府の発表した日本のエネルギーの長期需給見通し、そしてすでに何回もご紹介しているカーボン・オフセットのフォーラム設立の記事です。

**************** サステイナブルなニュース 第51号 ******************

地域のバイオマス資源の積極的な活用を目指す市町村が増加

地域の未利用の資源として注目されているバイオマスを積極的に活用しようとする市町村が増えている。農林水産省は平成15年から推進しているバイオマス・ニッポン総合戦略の中で、地域内で安定かつ適正なバイオマスの利活用が行われることを目指した「バイオマスタウン構想」を進めている。3月には新たに31市町村から公表され、現在、全国の市町村136がこの「バイオマスタウン構想」を公表している。最も公表数の多い北海道からは17の市町村が公表しており、7月にサミットが開催される洞爺湖町では、農畜産業の振興や観光資源として、安心安全な農産物・水産物の提供と共に地域のバイオマス資源からのたい肥や飼料の利用を拡大し、地域特有の地熱や温泉熱とバイオマスなどの再生可能エネルギーを組み合わせる構想を発表している。

農林水産省プレスリリース:
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bio/080331.html
農林水産省「バイオマス・ニッポン」:
http://www.maff.go.jp/j/biomass/index.html

経済産業省が2030年までのエネルギー需給見通し案を発表

経済産業省では、2030年までのエネルギー需要および供給の見通しについての案を発表し、意見募集を開始した。今回発表された「長期エネルギー需給見通し(案)」では、特にエネルギーの安定供給および地球温暖化問題への対応に関する政策課題を踏まえ、2030年までの国内のエネルギー需給とCO2排出量について予測している。2030年までの予測では「新・国家エネルギー戦略」の目標に基づき「エネルギー技術戦略」の進展・導入状況を想定し、現状固定ケース、努力継続ケース、最大導入ケースの3ケースに分けて分析されている。需要面では、エネルギー消費効率の改善や運輸部門の次世代化、供給面では原子力利用の推進、新エネルギーの導入促進、石油依存度の低減が掲げられている。2010年の需給見通しでは、京都議定書の第一約束期間の中間点であることを踏まえて、より詳細なエネルギー起源CO2排出量の分析が行われている。

経済産業省「長期エネルギー需給見通し(案)」:
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/080321.htm

低炭素社会を目指し「カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)」設立

環境省では、低炭素社会の実現に向けて4月1日に「カーボン・オフセットフォーラム」を設立した。市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の主体的な「カーボン・オフセット」への取組を支援するために、国内外の情報収集、ウェブサイトを通じた情報提供、イベントやセミナーなどの普及啓発、ヘルプデスクによる相談支援などの活動を行う。カーボン・オフセットでは個人や企業がCO2などの温室効果ガスの排出量を認識し、その削減努力と共に、排出量クレジットやグリーン電力証書など他の場所での排出削減や吸収によりその一部を埋め合わせる。海外ですでに推進されているカーボン・オフセットの取組みを踏まえ、この2月には「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」を発表している。

環境省プレスリリース:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9558
カーボン・オフセットフォーラム(J-COF):
http://www.j-cof.org/index.html

09:33 午前 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/41981439

この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第51号:

コメント

コメントを書く