« サステイナブルなニュース 第58号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第60号 »

2008年9月29日 (月)

サステイナブルなニュース 第59号

すっかり涼しくなり秋の台風シーズンに突入しましたが、今年は太平洋の高気圧の配置により台風のコースが例年と少し違い、まだ1度も日本に上陸していません。その代わり台湾や中国に上陸して大きな被害をもたらしているようです。気候変動がもたらす国内への様々な影響の予測は、この後ご紹介するニュースの記事の中にも書かれています。

最後のニュースでご紹介する6月に発表された「福田ビジョン」ですが、低炭素社会に向けた政府の約束として信じたいところですが、最近の政局の状況ではすっかり霞んでしまっているように見えます。10月から開始が予定されている国内排出量取引制度の試行はようやくその内容が見えてきましたが、かなり妥協の産物となっているようです。その他の政策においても経産省が太陽光発電への補助金を発表したり、単発の政策は実施されつつあるようですが、京都議定書目標達成に向けた大きな動きは相変わらず進展がみられません。そんな中、いわゆる「グリーン税制」に関する検討は少しづつは進んでいるようです。

それでは、今週のニュースをお送りします。主に6月上旬に発表されたニュースです。

******** サステイナブルなニュース 第59号 ******************

省エネ法の規制強化、コンビニなども規制対象に

今年5月の国会で省エネ法(エネルギーの使用合理化に関する法律)が改正され、規制の対象がこれまでの大規模な工場・オフィスからコンビニなどのフランチャイズチェーンまで広がる。今回の改正では、これまで工場単位だったエネルギー管理義務が事業者単位(企業単位)に変更され、これまで産業部門での省エネルギー重点的に進めて来たが、近年、二酸化炭素の排出量が増加している業務部門や家庭部門での対策を強化する。さらに、これまでの2000平米以上の大規模な住宅・建築物に加え、一定の中小規模の住宅・建築物も省エネルギーの取組に関する届出の対象に追加すると共に、住宅を建築し販売する事業者に対し、住宅の省エネ性能向上を促す。この改正省エネ法の施行は一部規定を除き平成21年4月1日より。

経済産業省ホームページ:
http://www.meti.go.jp/press/20080304002/20080304002.html

地球温暖化、日本への影響を詳細に予測

地球温暖化に伴う将来の日本への影響について、水資源、森林、農業、沿岸域、健康などの各分野で総合的に予測した研究成果が発表された。2005年にスタートした研究では、国内の約45名の研究者が参画し、2050年頃までを重点におきつつ今世紀末までの日本およびアジア地域の温暖化の影響予測および経済評価を行い、その影響やリスクを総合的に評価している。その結果、地域差があるものの、洪水や土砂災害の増加、森林の北方への移動と衰退、米作への影響、高潮災害の拡大や沿岸部での液状化リスクの増大、熱中症患者の増加、感染症の潜在的リスクの増加といった多岐にわたる影響が現れることがわかった。さらに、気温上昇と温暖化の影響の程度との関係を示す「関数」を構築し、比較的低い温度上昇で厳しい影響が出ることを明らかにした。

環境省プレスリリース:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9770

「福田ビジョン」サミットを控え自らの温暖化対策を語る

福田首相は、洞爺湖サミットを控えた6月9日、自らの地球温暖化への取組みを「福田ビジョン」として発表した。まず日本を「低炭素社会」へ転換する必要性を強調し、それを新たな経済成長の機会とすることで、大きなチャレンジとして自信を持って踏み出すべきと述べた。CO2排出量に関する長期目標については、日本としても現状から60~80%の削減を目標として掲げるとしたが、2020年までの中期目標については、今後セクター別アプローチによる積み上げにより確実に削減できる数字を明確にしていくとし、明言を避けた。具体的な政策としては、「革新技術の開発と既存先進技術の普及」、「国全体を低炭素化へ動かしていくための仕組み」、「地方の活躍」、「国民主役の低炭素化」の4つを述べた。既存先進技術である再生可能エネルギー普及に関する目標として2020年までに原子力を含む「ゼロ・エミッション電源」の比率を50%以上に引き上げるとした他、排出量取引制度や環境税の導入についても積極的に取り組むとしている。

「福田ビジョン」スピーチ(テキスト):
http://www.kantei.go.jp/jp/hukudaspeech/2008/06/09speech.html
「福田ビジョン」スピーチ(動画):
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1904.html

12:58 午前 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/42628732

この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第59号:

コメント

コメントを書く