« サステイナブルなニュース 第60号 | トップページ | サステイナブルナニュース 第62号 »

2008年10月18日 (土)

サステイナブルなニュース 第61号

前回の投稿から少し間があいてしまいましたが、すっかり秋の気配で、紅葉のニュースも北の方から聞かれる様になりました。関東地方ではまだ紅葉が見られるところは少ないので、とりあえずこの前の週末は房総半島の養老渓谷に「下見」に行って来ました。紅葉の見頃は11月の下旬から12月の初めということで、まだ人も少なく、ゆったりと自然の渓谷美を堪能することができました。

さて、10月からの国内排出量取引の「試行」は、省庁間のつばぜり合いと産業界の横槍により、まったく形骸化したものになりそうです。そのあたりのいきさつは、こちらの日経エコロミーの記事をどうぞ。世界の株価は乱高下を続け、米国発の金融危機の嵐は中々収まりそうもありません。原油価格もちょうど1年ほど前の水準まで戻ってしまいました。WTI指数のグラフを見るとやはり100ドル以上はバブルだったのでしょうか。それでも2000年から続く上昇トレンドは、ピークオイルが現実となりつつある状況では、今後も長期的に続くことが予想されます。

Wti20032008

今回のニュースは、自然エネルギーの普及を促進するグリーン電力の話題、そして日本にも影響が出始めている地球温暖化への適応策、そして最近、環境問題に積極的に取り組む世界的なIT企業グーグル社の取組みです。約3ヶ月前の6月下旬のニュースになります。

*********** サステイナブルなニュース 第61号 *****************

グリーン・エネルギー・パートナーシップが6月末に設立

太陽光、風力、バイオマスなどのグリーン・エネルギー(自然エネルギー)の導入普及をめざす「グリーン・エネルギー・パートナシップ」が設立される。ビジネス・産業活動におけるグリーン・エネルギーの活用促進や消費者への認知度の向上を図り、製造・小売業者、グリーン電力発電事業者、グリーン電力証書発行事業者などの関係者が連携した国民運動としてグリーン電力証書などの導入普及を促進する。それに先立ち、5月にはグリーンエネルギー認証センター(日本エネルギー経済研究所内)が発足し、グリーン電力設備の認定や電力の認証などの認証業務をグリーン電力認証機構から引き継いでいる。さらに製品の製造などに必要な電力などをグリーン電力などで賄ったことを示す「グリーン・エネルギー・統一マーク」の公募を行い、989作品の中からすでにマークが決定されている。

経済産業省プレスリリース(グリーン・エネルギー・パートナーシップ設立):
http://www.meti.go.jp/press/20080612002/20080612002.pdf
経済産業省プレスリリース(グリーン・エネルギー・統一マーク):
http://www.meti.go.jp/press/20080529002/20080529002.pdf
グリーンエネルギー認証センター:
http://www.geccj.jp/index.html

地球温暖化による気候変動への「賢い適応」を発表、環境省報告書

環境省は、近年の地球温暖化による影響の顕在化や深刻化する状況を踏まえて、「地球温暖化影響・適応研究委員会」を昨年10月に設置し、報告書「気候変動への賢い適応」としてまとめた。検討は、食料、水環境・水資源、自然生態系、防災・沿岸大都市、健康、国民生活・都市生活、途上国の各ワーキンググリーンに分かれて行われ、現在までの科学的知見を明らかにした上で、賢い適応のあり方を示し、今後の研究の方向性や課題を提示している。報告書では、既に日本国内においても気候変動の影響が現れており、今後、一層大きな影響が予想されることや、国内の自然や社会が有する脆弱性にこれらの影響が重なると厳しい影響が生じ得るとしている。その上で、「賢い適応(効果的・効率的な適用)」が必要となり、適応計画を作成すると共に、より脆弱な途上国に対する協力や支援が必要であると結論づけている。

環境省プレスリリース:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9853
「地球温暖化影響・適応研究委員会」:
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/rc_eff-adp/index.html

グーグル社が国内でチーム参加型の環境コンテンツをスタート

グーグル(株)は、日本向けの新しい環境コンテンツとして、「One Greenプロジェクト」をスタートした。環境問題に関する情報を発信し、身近にできるCO2削減の取組をインターネット上に公開し、共有しながら推進することができるユーザ参加型コンテンツとなっている。ユーザは、パーソナライズドホームページ「iGoogle」内のガジェットや、地図情報サービス「Googleマップ」を活用することにより、気軽にCO2削減の取組を記録したり、ユーザ同士で地球環境問題に関する情報や目標を共有することができる。コンテンツの作成にあたっては、環境省のチーム・マイナス6%からCO2削減の計算方法の提供を受け、JAXAからも北極海の融けていく海氷の様子や世界の降水分布など宇宙から見た地球をテーマとしたガジェットとして提供されている。

環境省プレスリリース:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9879
グーグル「One Greenプロジェクト」:
http://www.google.co.jp/intl/ja/landing/onegreen/

01:42 午前 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/42821782

この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第61号:

コメント

コメントを書く