« サステイナブルなニュース 第70号 | トップページ | サステイナブルなニュース 第72号 »

2009年1月19日 (月)

サステイナブルなニュース 第71号

いよいよ今週は米国のオバマ新大統領の就任式があります。アメリカ国民だけではなく、世界中の人々がこの新しい大統領に大きな期待をしています。直近の金融危機の克服に注目が集まっていますが、やはりここは長期的lな視点で、如何に世界に目を向けた気候変動対策を進めるかに注目したいと思います。オバマ大統領が掲げる"New Energy for America"では、2012年までに再生可能エネルギーによる電力の比率を10%とし、2025年までに25%まで増やすとしています。さらに温室効果ガスの排出量について2050年までに80%削減することを長期的な目標とし、その為にキャップ&トレード型の排出量取引制度が必要だと提案しています。「グリーン・ニューディール政策」として500万人の雇用を創出し、次の10年間に1500億ドルの投資がクリーン・エネルギーに対して行われるとしています。

それでは、今週のサステイナブルなニュースをお送りします。9月上旬のニュースです。

*********** サステイナブルなニュース 第71号 ************************

自然エネルギーを利用した本格的な住宅用給湯設備が続々登場

地中熱や太陽熱などの自然エネルギーを利用し、エコキュートに代表されるヒートポンプなどと組み合わせたハイブリッド型の住宅用給湯設備が続々登場している。旭化成ホームズでは、戸建住宅用量産システムとしては初めて地中熱と冷房排熱を給湯に利用する「地球熱利用ヒートポンプ給湯・冷暖房システム」を開発し、8月より量産モデルによる実証試験を開始した。これまで利用されなかった地下の安定した熱(地中熱)や冷房排熱を活用することにより、給湯ヒートポンプの消費電力を削減する。冷暖房については平成16年よりすでに販売している「地中熱利用冷暖房システム」の技術を採用している。一方、三洋ホームズは太陽熱温水器とヒートポンプ給湯器を組み合わせた「太陽熱+大気熱のハイブリッドソーラー給湯システム」を開発した。従来のガス給湯器と比較すると65%のCO2削減効果があるとしている。

旭化成ホームズ・プレスリリース:
http://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/press/tichuunetu2008.pdf
三洋ホームズ・プレスリリース:
http://www.sanyohomes.co.jp/release/pdf/hybrid_solar.pdf

環境に関する研究や技術開発の実施状況をフォローアップ

主に国の研究機関などで実施されている環境に関する研究や技術開発の推進戦略において、その実施状況が毎年フォローアップされており、平成19年度の結果が発表された。研究領域としては、構築すべき社会として「脱温暖化社会」「循環型社会」「自然共生型社会」「安全・安心で質の高い社会」の4つの領域があり、各領域における国内外の状況について特筆すべき点が最初に列挙されている。各領域の重点課題の実施状況として、例えば脱温暖化社会の構築では12の重点課題の実施状況が報告されており、研究・技術開発の成果が社会に普及するよう、低炭素社会に向けて社会システムの変革を進める研究や気候変動による不可避の影響を最小化するような政策提言に結びつく研究を強化する必要性を強調している。さらに2050年までに地球規模で温暖化ガスの排出を半減するための革新的な技術開発とシステム研究、モニタリング結果を対策へとつなげる研究などが重要としている。

環境省プレスリリース:
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10110

太陽光や太陽熱の普及を目指し、東京都の連携プロジェクトがスタート

太陽エネルギーの大幅な利用普及を目指し、東京都は事業者などとの連携プロジェクトをスタートした。東京都は2006年に策定した再生可能エネルギー戦略の実現に向け、今年2月までに太陽エネルギー利用拡大会議を開催して提言書を取りまとめており、2016年までに100万kW相当の太陽エネルギーを都内に普及させるとしている。来年度より2年間で毎年2万世帯へ太陽エネルギーの利用設備を設置するため、事業者との連携プロジェクトをこの8月にスタートした。8月29日に都庁の大会議室で開催されたキックオフ大会には、200近い事業者が参加し、来年度からの東京都の新たな制度が発表された。平成21年度から2年間で総額90億円の補助金を住宅用の太陽光発電および太陽熱設備の導入に対して交付し、その設備が設置後10年間で生み出す環境価値を東京都に譲渡する。東京都はこの環境価値をグリーン電力証書やグリーン熱証書などに証書化し、二酸化炭素の削減義務がある大企業などに販売する。

東京都「太陽エネルギー利用拡大会議」:
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/kikaku/renewables/solarenergy.html
東京都「太陽エネルギー利用拡大連携プロジェクト」:
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/kikaku/renewables/solarproject.html

12:02 午前 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/43785140

この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第71号:

コメント

コメントを書く