« 長期ビジョンと中期目標の狭間で | トップページ | サステイナブルなニュース 第76号 »

2009年2月16日 (月)

サステイナブルなニュース 第75号

米国では景気対策法案が議会で可決され、グリーンニューディールに向かって着実に進んでいるようです。国内では、東京都が昨年改正した環境確保条例に関して細かい重要事項を定めるためのパブコメを開始しました。これは日本で始めての温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード)の導入など、地球温暖化対策の抜本的強化を目指すものです。この様な自治体の先進的な地球温暖化への取組みをしっかり応援して行きたいものです。

それでは、今週もサステイナブルなニュースを3件お送りします。昨年9月下旬に発表されたニュースですが、電力会社が自主的に導入を推進しようとしている大型の太陽光発電所や英国のレポートで気候変動とビジネスの関係についてなどです。

************* サステイナブルなニュース 第75号 *****************

国内電力10社、2020年までに約14万kWの太陽光発電導入

国内の主要電力会社で構成される電気事業連合会は、2020年までに全国約30地点で、合計14万kWの大規模な太陽光発電設備(メガソーラー)を導入する計画を発表した。国内電力10社では、これまで約4,250kWの設備を導入済みだが、今回の計画はその30倍となり、現在、日本国内に設置されている全ての太陽光発電設備、約170万kWの1割弱に相当する。この14万kWの全設備が生み出す電気は、約4万世帯の家庭が使用する量に匹敵し、年間約7万トンのCO2排出量を削減することができる。設置に必要な面積は約400万平米で、甲子園球場のグランドの約270倍に相当するが、発電所や変電所の空きスペースや遊休地などを中心に設置を行う。電力各社ではまずは2009年度までに約4万kW程度の建設に着手する予定となっている。併せて2020年までに合計1万台の電気自動車を導入する計画も発表した。これは電力各社が使用している業務用車両約2万台の半分に相当する。

電気事業連合会 定例会見要旨:
http://www.fepc.or.jp/about_us/pr/kaiken/__icsFiles/afieldfile/2008/09/30/kaiken09.pdf
電気事業連合会からのお知らせ:
http://www.fepc.or.jp/about_us/pr/oshirase/1192866_1458.html

国土交通省、エコ通勤に関するポータルサイトを開設

国土交通省では、各企業の事業所における「エコ通勤」の取組状況や実施結果を紹介するポータルサイトを開設し、「エコ通勤」の普及・拡大を進めている。ポータルサイトでは日本国内の企業の事業所においてエコ通勤を主体的に実施する際の参考となるため、エコ通勤の概念から実施方法、事例集などを掲載している。昨年11月に開催された公共交通利用推進等マネジメント協議会で採択された「モビリティ・マネジメントにおけるエコ通勤促進行動計画」に基づき今年3月からは「エコ通勤」の推進を図る事業者等の公募を実施しており、その応募方法や応募結果も掲載している。「エコ通勤」では、企業の社会的責任(CSR)の観点から通勤時の公共交通などの利用を増やし、周辺地域の渋滞緩和や公共交通の利用者増加・サービス水準の向上などが期待できると共に、CO2排出量の削減にも寄与することができる。

国土交通省プレスリリース:
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo12_hh_000005.html
エコ通勤ポータルサイト:
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/ecommuters/

英カーボントラスト社、気候変動がビジネスに与える影響を報告

英国カーボントラスト社は、気候変動が企業のビジネスに与える影響についてセクター別に分析した報告書”Climate Change: a business revolution?”「気候変動:ビジネス革命か?」を発表した。報告書は、マッキンゼー社による分析を中心に、企業が気候変動への取組みの中でCO2排出量を減らし低炭素社会へ移行する際に、様々なビジネス上の機会とリスクが存在するとしている。気候変動への取組みを積極的に進める企業では最大80%も企業価値を高める可能性があるが、逆に取組みが遅れた場合には大きく企業価値を損なうリスクが発生する。6つのセクターについて詳細に分析をしたところ、自動車やアルミ製造などのセクターでは最大65%もの企業価値を損なう可能性があることがわかった。自動車セクターでは、その反面、積極的な取組みにより最大60%も企業価値を高められる可能性があるとしている。

カーボントラスト社プレスリリース(英語):
http://www.carbontrust.co.uk/News/presscentre/shareholder-value-report.htm
日刊温暖化新聞 温暖化ニュース:
http://daily-ondanka.com/news/2008/20080930_1.html

12:17 午前 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/44077060

この記事へのトラックバック一覧です: サステイナブルなニュース 第75号:

コメント

コメントを書く