« 千葉県銚子市内の風車群 | トップページ | グリーン熱証書とエネルギー永続地帯 »

2010年10月19日 (火)

第4の革命としての自然エネルギー

先週末、ドイツの自然エネルギー政策を中心となって推進してきたへルマン・シェア(Hermann Scheer)氏が10月14日に急死したとの知らせが飛び込んで来ました。私自身は面識はありませんが、自然エネルギーの世界では国際的に非常に著名な方でした。恐らく10月にインドで開催される国際会議DIREC2010にも出席する予定だったのではないでしょうか。本当に惜しい方を亡くしました。

3月にドイツで公開されたドキュメンタリー映画「第4の革命~エネルギー自立」"The 4th Revolution ! Energy Autonomy"では、主役を務めており、自然エネルギーに対する精力的なシェア氏の活動が描かれています。詳しくは、こちらのサイトへ。この映画を是非、日本でも見てみたいですね。欧州各国で上映されており、DVDの英語版も近々販売が開始されるようです。

こちらから8分程度の短縮版をYouTubeでみることができます(Community版)。

01:43 午前 再生可能エネルギー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/49783133

この記事へのトラックバック一覧です: 第4の革命としての自然エネルギー:

コメント

コメントを書く