« 第4の革命としての自然エネルギー | トップページ | インドでの再生可能エネルギーの国際会議 »

2010年10月24日 (日)

グリーン熱証書とエネルギー永続地帯

先週は自分にとって大きなニュースが2つありました。自分自身が長く携わって来た活動で、それが世に出ることで幾ばくかの達成感があった一週間でした(うまくいかなかったことも幾つかありましたが...)。

ひとつは、グリーン熱証書です。再生可能エネルギーによる熱として太陽熱やバイオマスなどの環境付加価値をグリーン熱として証書化する仕組みです。グリーン電力証書の熱版として、もう4年近くも制度化に取り組んできましたが、この7月7日にグリーン熱設備の認定を受けたセントラル方式の太陽熱利用システム(越谷レイクタウン内のマンションに設置されています)からのグリーン熱が10月20日に日本で初めて認証されました。その認証されたグリーン熱量がグリーン熱証書として10月23日に発行されました。利用先は、現在開催中の第23回東京国際映画祭です。詳しくは、エナジーグリーン社のプレスリリースをご覧ください。

グリーン熱証書は、まだまだこれからの仕組みです。現在は太陽熱だけですが、今後、バイオマスや雪氷熱などに拡大される予定です。そのための認証の基準作りが来週から本格化します。バイオマスについては、私自身も積極的に関わっていますので、がんばって行きたいと思います。グリーン電力の方は、固定価格買取制度などの動向も新たな段階に入っていきますが、グリーン熱証書も今年あたりから再生可能エネルギー普及に向けた仕組みとして注目されています。経産省による熱の研究会も始まりました。

もうひとつのニュースが「エネルギー永続地帯」です。こちらも研究を始めて4年目になりますが、今年も都道府県別、市町村別の自然エネルギーの供給割合(いわゆるエネルギー自給率)の試算結果を「エネルギー永続地帯2009年版試算結果(速報版)」として10月22日に発表しました。昨年版の計算結果も見直しをして、比較を行っています。発表内容は、永続地帯ポータルサイトに掲載されていますが、発表資料はこちらです。こちらは、まだ確報版に向けてデータの集計などを行っていく必要がありますので、もうひと踏ん張りです。

日本国内全体の自然エネルギーの供給割合は、エネルギー永続地帯の試算でも3%程度です。ところが、都道府県別にみると10%を超える都道府県が7つあり、大分県は25%に達します。さらに市町村別にみると100%を超える市町村が57あります。昨年度あたりから東京都を中心に再生可能エネルギーに関する地域間連携の動きが始まっています。先日も10月21日に自分たちが主催する「再生可能エネルギー地域間連携セミナー」を開催したばかりですが、多数の参加者があり、関心の高さが伺えました。

いよいよ今週はインドのニューデリーで「デリー再生可能エネルギー国際会議」DIREC2010が10月27日より開催されます。自分も参加予定ですので、その様子は帰国後にご報告したいと思います。日本国内ではわからない、世界各国の自然エネルギーへの取組みを肌で感じて来たいと思います。

04:35 午前 再生可能エネルギー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/49827984

この記事へのトラックバック一覧です: グリーン熱証書とエネルギー永続地帯:

コメント

コメントを書く