« 東北関東大震災による福島第一原発の危機(第9報) | トップページ | 来るべきエネルギーの未来とは~原発の危機を越えて »

2011年4月 2日 (土)

東北関東大震災による福島第一原発の危機(第10報)

福島第一原発の大事故は、未だ出口の見えない長期戦の様相を呈してきました。3月12日~15日にかけて発生した原子炉建屋での水素爆発は、原子炉内部から大量の放射性物質の大気中への放出を招きました。その後、原子炉の冷却に必要な大量の水を注水や放水したことにより、破損箇所から大量の放射性物質を含む水が漏えいし、その一部が海に流れ出す状況が続いています。本日は、屋外のピットのひび割れから海へ直接、高い濃度の放射性物質を含む水が漏えいしているとの発表がありました。

発電所敷地内の放射線データを更新しました(4月2日13:30現在)。数値は徐々に低下傾向にはありますが、これで20日以上も放射性物質が原子炉から放出される状況が続いていることになります。

[福島第一原発:敷地内放射線モニタリングデータのグラフ(4月2日13:30現在)]

Fukushima1f20110402

昨日(4/1)からのTwitterでのツイートです。やはり、再生可能エネルギーへの期待が高まっていますが、その本格的ん普及には多くの課題があり、根本的なエネルギー政策の転換が必要です。

  • RT @kankyoshimin: 【RT歓迎】環境首都誕生!第10回環境首都コンテスト結果を発表しました。首都がどこになったかはウェブで。持続可能な社会づくりは確実に地域からはじまっています。この動きを、今後さらに加速していくべく、活動を展開いたします。http://ow.ly/4qY5m posted at 18:26:30
  • とんでもないですね。今こそ必要なのに RT @kenichioshima 経団連「震災復興に向けた緊急提言」←再生可能エネルギーの全量買取制の先送りを要求しています。 http://bit.ly/ezsg8u posted at 10:25:56
  • RT @DenkiShimbun: 東電、需給調整契約拡大に向け大口顧客に働きかけ 夏の計画停電最小化目指す http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20110401_01.html posted at 10:13:26
  • RT @konotarogomame: 耐用年数が来た原発を廃炉にして、つなぎは天然ガスで、そして再生可能エネルギーと省エネを伸ばして、最終的には再生可能エネルギー100%へ、というシナリオは京都議定書の前後に、太郎塾という仲間を中心にまとめたものと同じ。今回はISEPのレポートがさらにリアリティを与えてくれる。 posted at 09:52:34
  • RT @iidatetsunari: 生々しい現場の写真。http://bit.ly/eo8S19 #genpatsu #fukunp posted at 09:51:43
  • RT @konotarogomame: ブログ更新:再生可能エネルギー100%を目指す http://bit.ly/hUppk1 posted at 09:39:48
  • ブログを更新しました。福島第一原発での敷地内の放射線データのグラフも5日ぶりに更新しています。数値は低下傾向ですが、ほぼ横ばいの状況が続いています。 「東北関東大震災による福島第一原発の危機(第9報)」 http://goo.gl/gQskr posted at 08:46:02

07:05 午後 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107595/51281380

この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東大震災による福島第一原発の危機(第10報):

コメント

コメントを書く